派遣で仕事をして1,000万以上稼ぐ人もいる!?

復職するなら派遣がおすすめ

このサイトの概要 サイトについて

派遣社員として仕事をしながら産休・育休を取得した主婦が、派遣という働き方のメリットなどを紹介するサイトです。当サイトに関するお問い合わせはこちらのメールアドレスへどうぞ。
reinstatement1976@yahoo.co.jp

年収1,000万円を超える派遣社員がいます

IT系のエンジニアとして働く派遣社員の中には年収が1,000万円を超える人が少なくないようです。もちろんこのような高収入を得る人は専門的な高い技術を持っている事が条件になっています。しかし逆に言えば高い技術力を持っていたり、仕事を遂行する能力の高い派遣社員は高収入を得る事が働き方に関わらず可能だという事です。
このような人たちは正社員として働くよりも派遣社員として働く方が収入が良い事を分かってこの雇用形態を選択しています。どの業界も優秀な人材は限られています。人材不足を解消するためには自前で社員を育てるだけでは間に合わないために、社外からヘッドハンティングをしたり、優秀な派遣社員に働いてもらう事になります。このように企業から求められる高いスキルを持った人材は派遣社員だからこそ、終身雇用をしない代わりに高い時給や給与が設定されています。

そもそも派遣労働のイメージが間違っている

現在は派遣社員のイメージは「正社員になれなかった人」「給与が低くてかわいそう」「雇用が保障されていなくて大変そう」というものだと思います。しかしそれはバブル崩壊、リーマンショック、デフレの長期化といった日本の景気が極端に低迷し始めた頃からの話です。非正規労働者を雇用して、いつでも人件費を調整できるように企業が考え始めた頃からついた悪いイメージです。
実際に不当に不安定な働き方を迫られている人も多くいます。正社員で働きたいと考えているのに、企業側が拒否しているケースです。このような立場の人を救うために派遣法の改正などが必要なのは間違いありません。しかしそもそも派遣という雇用形態ができたのはそのようなネガティブな理由からではありませんでした。

自由に働き高収入を得る事を目指す人たち

そもそも派遣という働き方が出来たのは、もっとフレキシブルにライフスタイルに合わせながら高収入を得るという選択肢を増やすためでした。正社員として働くと残業を強いられたり、副業が禁止されているために、その会社でしか仕事をする事ができません。
しかし派遣として働けば、自分である程度フレキシブルに職務時間を決める事ができます。また請負に近い形で働いた場合は求められる成果さえ出せば、その過程は自分で裁量する事が可能です。
このように本来は優秀な人材が自由に働く事ができるようにと派遣という雇用体系が生まれたのですが、景気低迷の時代にその制度を企業が悪用したために現在のようなイメージになっています。しかし派遣という働き方をしながらも高収入を得て、優秀な人が集まっている職場で働く事を楽しみながら、自分にとってよりよい将来のキャリア形成を考えている人は少なくありません。

新着記事

産前産後休業って?
産前産後休業って?
育児休暇制度って?
育児休暇制度って?
手続きの流れって?
手続きの流れって?

人気記事

登録はどうすれば?
登録はどうすれば?
一人で探すのは大変!
一人で探すのは大変!
1,000万円稼ぐ人も?
1,000万円稼ぐ人も?